川上未映子『夏の入り口、模様の出口』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上未映子『夏の入り口、模様の出口』の表紙画像
タイトル
夏の入り口、模様の出口
かな
なつのいりぐちもようのでぐち
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
ピッコン! / みんなに名前はあるけれど / 燃やして、お手紙 (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
週刊誌連載のためか、ネタに困って散らかってるところも見受けられ、クオリティの幅のあるエッセイ集。内容は大したこと言ってないにしても著者独特の抑揚や、文体の振り上げ方には見るべきものがあって、楽しめる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント