宮沢章夫『牛への道』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『牛への道』の表紙画像
タイトル
牛への道
かな
うしへのみち
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第一章 犬見る人生 / 第二章 朝、戸口でごとんと音がした / 第三章 耳と砂漠 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
日常をずらして遊ぶエッセイ集。小ネタ集。明らかに狙っているな、と思うところで策略どおりに笑ってしまうのだが、事象よりもまず口調の小気味良さがある。「夕飯、合鴨にするよ」な耳で毎日を過ごせりゃ幸せだな。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント