宮沢章夫『考える水、その他の石』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『考える水、その他の石』の表紙画像
タイトル
考える水、その他の石
かな
かんがえるみずそのたのいし
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第一章 曖昧な場所と名づけえぬもの / 第二章 観ることのノート、または荒くれ / 第三章 考える水、その他の石
評価
★★☆☆☆
レビュー
演劇論や観劇記が中心となったエッセイ集。目次を見るとかなり硬そうに見えるのだが、本文はもう少し柔らかい。もちろん硬い事象を柔らかく捉えるところにこそ著者の力があるのだろうが。竹中直人論なんてのも秀逸。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント