宮沢章夫『わからなくなってきました』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『わからなくなってきました』の表紙画像
タイトル
わからなくなってきました
かな
わからなくなってきました
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第1章 天の猿 地の牛 / 第2章 はじめに賢いものござる / 第3章 読む人は幸いだ (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
胴上げ、投げキッス、世の中は奇妙なものだらけだが、表層をより奇妙に塗り付けて笑ってしまおうとするエッセイ集。随所にあざといけれど、そのあざとささえもが味になっている。肩の力を抜いて生きたい人はどうぞ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント