宮沢章夫『14歳の国』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『14歳の国』の表紙画像
タイトル
14歳の国
かな
じゅうよんさいのくに
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
14歳の国
評価
★★★☆☆
レビュー
生徒不在の教室で持ち物検査をする教師たち。化粧品やナイフが出てくることより「立派なこと」をこそこそやる教師のなんたる不条理。14歳の心は分からずとも「14歳の心が分からない」大人の心は伝わる、そんな戯曲。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント