宮沢章夫『百年目の青空』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『百年目の青空』の表紙画像
タイトル
百年目の青空
かな
ひゃくねんめのあおぞら
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第一章 青空とスイカ / 第二章 夜と目薬 / 第三章 ぼうはからだとともにおどる
評価
★★★★☆
レビュー
言葉をつついて出てきた埃を高らかに差し上げるいつものノリなのだが、そのチマチマ感を読者は期待し、著者は目論んでるのだろうか。気が緩んだところにするっと入ってきちゃうのだよな。確信犯だけど癖になるよね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント