宮沢章夫『茫然とする技術』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『茫然とする技術』の表紙画像
タイトル
茫然とする技術
かな
ぼうぜんとするぎじゅつ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
カタカナの方法 / 茫然とする技術 / 蹄を打ち鳴らす音よ! (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
この手の脱力エッセイが彼の本域なのだとようやく気づいてきた。とすると『サーチエンジン~』で感動した僕の気持ちはどこへ持ち帰ればいいのか。ネットの初期時代を体感してる一連の文章が救いになることは確かだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント