吉田修一『さよなら渓谷』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『さよなら渓谷』の表紙画像
タイトル
さよなら渓谷
かな
さよならけいこく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
さよなら渓谷
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
ある事件の意外な未来から敷衍し、被害者と加害者、人間の業を描く。にしては内面への踏み込みが足りてなく、状況証拠から心理を積み上げさせる造りになってる。人の心は誰にも覗けるものではないというコーダかね。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント