中上健次『鳥のように獣のように』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『鳥のように獣のように』の表紙画像
タイトル
鳥のように獣のように
かな
とりのようにけもののように
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
二十代の履歴書 / 紀州弁 / 母系一族 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
初のエッセイ集。ジャズと肉体労働、永山則夫へのシンパシーと犯罪ということ、書評と映画評。アングリーとハングリーで切り分け選り分け、積み上げつつ壊す若い苛立ちの俯瞰。「なぜピストルでなく万年筆なのか?」

商品詳細&購入情報

このページへのコメント