中上健次『化粧』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『化粧』の表紙画像
タイトル
化粧
かな
けしょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
修験 / 欣求 / 草木 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
紀州熊野を舞台にした短編集。時にエッセイ風となり時に古典調となる一見不安定な構造も、夢うつつの世界へ誘導する魔の手。聖と俗の振幅が妙に心地よくなってくること必至。この流れは『熊野集』へと引き継がれる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント