中上健次『夢の力』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
夢の力
かな
ゆめのちから
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
海人の海 / 風景の貌 / 心にひびいた言葉 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
第二エッセイ集。『枯木灘』の文学的達成感に裏打ちされ歯切れ良い文芸評論や時代分析などを納めている。書くことについて書いた最終章が興味深い。『枯木灘』を書きあげた男が「腕をみがきたい」と言っているのだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント