中上健次『千年の愉楽』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『千年の愉楽』の表紙画像
タイトル
千年の愉楽
かな
せんねんのゆらく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
半蔵の鳥 / 六道の辻 / 天狗の松 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
高貴ゆえに澱んだ血の宿命を生きる中本の一統。破滅的に生き若死にしてゆく者らの輪廻を見守るオリュウノオバ、その神の座が禍禍しく迫る長編。貴と賤を描ききり、円環しながら拡大する曼陀羅世界を堪能してみよう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント