中上健次『地の果て至上の時』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『地の果て至上の時』の表紙画像
タイトル
地の果て至上の時
かな
ちのはてしじょうのとき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
地の果て 至上の時
評価
★★★★★
レビュー
『枯木灘』に続く「秋幸三部作」完結編。弟殺しの罪を償って帰ってきた秋幸は路地が消滅しているのを知る。彼の手でやる前に路地は自壊し、父龍造は自滅する。何もなくなった所から、著者は再び始めようとするのだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント