中上健次『風景の向こうへ』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『風景の向こうへ』の表紙画像
タイトル
風景の向こうへ
かな
ふうけいのむこうへ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
風景の向こうへ 韓国の旅 / 物語が輪舞する / 柄谷行人への手紙 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
韓国へ旅してパンソリ・広大の意味を考え、「アジア的法・制度」というキーワードで物語を論じる。どちらも差別の構造に至り、『紀州』ルポでの達成感をもって力強く切り開くエッセイ集。好戦的部分もあったりして。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント