中上健次『日輪の翼』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『日輪の翼』の表紙画像
タイトル
日輪の翼
かな
にちりんのつばさ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
夏芙蓉-熊野 / 神の嫁-伊勢 / 織姫-一宮 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
「オバ」らを乗せたトレーラーで熊野を出、東京・皇居を目指す男の巡礼物語。したたかな老婆に振り回されながらも楽しく旅は続く。その猥雑さ、品のなさでリアルな存在としての老婆らを描き出すことに成功している。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント