中上健次『火の文学』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『火の文学』の表紙画像
タイトル
火の文学
かな
ひのぶんがく
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
ドキュメント 火の文学 / オリジナル・シナリオ 火まつり
評価
★★★☆☆
レビュー
神倉神社の石段を松明を持って駆け下りる荒くれた新宮の祭、お燈まつり。映画化のオリジナル・シナリオ「火まつり」と、実際の祭に飛びこみその興奮を伝える実況中継的インタビューからなる。ハレの日の興奮がいい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント