中上健次『天の歌 ― 小説都はるみ

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
天の歌
かな
てんのうた
副題
小説都はるみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
銀のかんざし / 千年の古都 / 椿の島へ (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
都はるみの伝記小説。ただ歌うのが好きだった少女の、(辛くても苦しくてもと)演歌な立身出世伝。著者のキャリアのなかでは明らかに異色作。なんでこんなものを書いたかと言えば、単純に彼女が好きだからでしょうね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント