中上健次『讃歌』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『讃歌』の表紙画像
タイトル
讃歌
かな
さんか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
讃歌
評価
★★★★☆
レビュー
終盤になると『日輪の翼』の続編で、熊野へ「帰る」ための物語だと知れるのだが、ほとんどが乱交シーンの別物。ジゴロたるイーブは白豚に快楽を与えるマシーンだ。無感動な技巧を捨てる話と読むのは単純すぎるけど。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント