中上健次『鰐の聖域』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『鰐の聖域』の表紙画像
タイトル
鰐の聖域
かな
わにのせいいき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
鰐の聖域
評価
★☆☆☆☆
レビュー
未完の小説なんだから的外れだろうが、ここには何もない。主人公は特に思想的なものを持たない俗物のチンピラで、だらだらとした日常が続くだけだ。ここが聖域なのか。一体どのように完結するはずだったのだろうか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント