中上健次『異族』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『異族』の表紙画像
タイトル
異族
かな
いぞく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
異族
評価
★★★☆☆
レビュー
とにかく長い。冗長だと言ってもいい。路地を消滅しつくした後の苦悩が手に取れるようだ。胸に青あざをもった三人の男を中心とした右翼の失地回復作戦。終盤、八犬伝的冒険活劇になりつつ未完で終わる大長編遺作だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント