野田秀樹『当り屋ケンちゃん』

現代文学100字レビュー

作品情報

野田秀樹『当り屋ケンちゃん』の表紙画像
タイトル
当り屋ケンちゃん
かな
あたりやけんちゃん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
当り屋ケンちゃん
評価
★★☆☆☆
レビュー
プロの当り屋が、謎の女当り屋と出会う。「彼女には、少年時代があった」といういかした導入から、禅問答的に煙に巻く手法が続く。蛇足的でありながらピタリと着地してみせる終章も、なんだか騙されてるみたいだし。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント