大江健三郎『性的人間』

現代文学100字レビュー

作品情報

大江健三郎『性的人間』の表紙画像
タイトル
性的人間
かな
せいてきにんげん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
性的人間 / セヴンティーン / 共同生活
評価
★★★★☆
レビュー
表題作後半の命を賭した痴漢ぶりは明らかに犯罪なんだけれども、倫理道徳に楔を打つ作品のありかたを越えて「自分もこうしちゃいられない」気分にさせる。あるいは彼のように「性的」には生きられないという確認か。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント