大江健三郎『ピンチランナー調書』

現代文学100字レビュー

作品情報

大江健三郎『ピンチランナー調書』の表紙画像
タイトル
ピンチランナー調書
かな
ぴんちらんなーちょうしょ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 戦後草野球の黄金時代 / 第二章 幻の書き手が起用される / 第三章 しかしそれらは過去のことだ (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
被爆した原発技師の父と、障害をもって生まれた息子が「転換」する。その哄笑的(ha、ha)超自然さを飲み込んで革命的集団に巻き込まれてゆくのだが、これは「道化」なんだろうか? 貪欲にナンセンスを求めるが故に?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント