尾崎豊『誰かのクラクション』

現代文学100字レビュー

作品情報

尾崎豊『誰かのクラクション』の表紙画像
タイトル
誰かのクラクション
かな
だれかのくらくしょん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
誰かのクラクション
評価
★★★★★
レビュー
彼が20歳になる直前に提示されたショートクリップ集。10代の戦況報告としてリアルな言葉や視界は共感できなお新鮮。タレント本的造りだが馬鹿にしちゃいけない。焦燥する若さがもぎ取ってくる言語感覚はやはり卓抜。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント