尾崎豊『白紙の散乱』

現代文学100字レビュー

作品情報

尾崎豊『白紙の散乱』の表紙画像
タイトル
白紙の散乱
かな
はくしのさんらん
著者
NDC
911 文学>日本文学>詩歌
目次
風の虚構 / 幾つかの透明な壁 / 君に会えたら (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
自ら撮り下ろした写真に詩を添えてゆく形の写真詩集。告発も、悔恨も、慈しみも、その曳きずる長い影も、凝縮されて削ぎ落とされて一つの感情の塊となっているが、どれもが遠景としての後姿のように風に舞っている。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント