尾崎豊『幻の少年』

現代文学100字レビュー

作品情報

尾崎豊『幻の少年』の表紙画像
タイトル
幻の少年
かな
まぼろしのしょうねん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
幻の少年
評価
★★★☆☆
レビュー
噂の遺稿なのだがここにあるのは「書かれていない小説」の断片。完成していれば相当長い話になるはずで、まさに「自伝的小説」となるものだった。僕らにできるのは匂いを嗅ぐことだけだ。裏切りと不信、愛と祈りの。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント