村上龍/村上春樹『ウォーク・ドント・ラン ― 村上龍vs村上春樹

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍/村上春樹『ウォーク・ドント・ラン』の表紙画像
タイトル
ウォーク・ドント・ラン
かな
うぉーくどんとらん
副題
村上龍vs村上春樹
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
都会と田舎 / なぜ小説を書くのか / 新人賞の周辺 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
全く異なる資質を持った二人による対談集。『コインロッカー~』後『羊をめぐる~』前という時期なので、やっぱり村上龍が格上の感。春樹の洗練、龍の衝動を自分にないものとして違いに憧れまた反発する若きW村上。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント