松浦寿輝『不可能』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『不可能』の表紙画像
タイトル
不可能
かな
ふかのう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一、地下 / 二、川 / 三、鏡よ鏡 (ほか)
所要
3時間
評価
★★★☆☆
レビュー
主人公が「生き残った三島由紀夫」、あるいはすでに死んでいる男の連作小説。IFでも作家論でもなく、甘い死臭漂うナルシシズムだけを嗅いだ。終盤、突然動いてミステリ風になるのが良くも悪くも全体の色を変えてる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント