川上未映子『先端で、さすわさされるわそらええわ』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上未映子『先端で、さすわさされるわそらええわ』の表紙画像
タイトル
先端で、さすわさされるわそらええわ
かな
せんたんでさすわさされるわそらええわ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
先端で、さすわさされるわそらええわ / 少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ / ちょっきん、なー (ほか)
所要
3時間40分
評価
★★★★★
レビュー
文筆デビュー作を含む散文詩集。観念的で怨念的で、読みやすさの調整もしてない関西弁で畳み込まれるエキセントリック女子の心象風景に震えるわ。客おいてけぼりの独白絶唱だけど、エロ哀しい文体、僕は楽しんだよ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント