中原ら。

近況報告

とある日の某書店。詩集の棚に、中原中也の詩集と並んで、中原昌也の短編集『待望の短篇集は忘却の彼方に』が置いてあったんです。一文字違いだしね、まぁ、気持ちは分からんでもない。

気になってときどき見てたんですよ、まだあるわ、言うて。しばらく経った後、中原昌也消えてました。ようやく気づいてくれたのかよかったよかったと、文芸書の棚見に行ったらそこにも無くって、ああ、じゃ誰かが購入したのだな、どちらにしてもよかったよかったと、思ってたんです。

そんで本日。詩集の棚に、中原中也と中原昌也がまた並んでる。

溺れ死ぬかと思いましたよ。中原といえば詩人って脊髄反射ですか、あなたんとこの書店員は。あるいはわざとやってますか?

ちょっと、直したほうがいいと思いますよ、ねぇ? 名指しはしませんが、某文教堂書店市ヶ谷店の方。

それから、詩集と歌集しか入ってないコーナーの上に「エッセイ」ってカード下がってるのも違和感があるんでご一考を。

このページへのコメント