現代文学100字レビュー

小説もエッセイも紀行も、作家別に100字の書評と五段階評価でおすすめを案内します。村上春樹、椎名誠、村上龍など現代作家の書評が2000冊。プロフィールや作家関連情報なども。

新着レビュー

鴻上尚史不安を楽しめ!―ドン・キホーテのピアス 16

『不安を楽しめ!』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2013/05 扶桑社
種類
文学(エッセイ)
目次
第1章 この国のかたち / 第2章 3.11からどれぐらい / 第3章 ネットとメディア
所要
2時間40分

震災を含む2年ほどのSPA!エッセイを収録。国家とか原発とか、論考としても真面目垂直路線だからなのか、中川いさみの絵に遊びの余地が少なくなってるのが残念。でも「デモ」が起こることの喜び、うん、そうだよね。

ポール・オースター柴田元幸ブルックリン・フォリーズ

『ブルックリン・フォリーズ』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2012/05 新潮社
種類
文学(小説)
目次
ブルックリン・フォリーズ
所要
3時間40分

人間の愚かさを描く群像劇。喜劇なカラーになっているのが珍しい。生きる力を取り戻してゆくネイサンのための、いろんなエピソード。あまりハッピーといえず醜悪なこともあるけど温かみのある視線が皆を包んでいる。

川上弘美これでよろしくて?

『これでよろしくて?』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2009/09 中央公論新社
種類
文学(小説)
目次
これでよろしくて?
所要
3時間20分

大人の女たちのおしゃべりサークル。「セックスは家事労働か?」とか男性読者としてはなかなか同席しないタイプの座談が楽しい。夫、姑との関係もなまなかではないけど、トークパートの余波で軽めに読めるっていう。

椎名誠本日7時居酒屋集合!―ナマコのからえばり 2

『本日7時居酒屋集合!』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2009/06 毎日新聞社
種類
文学(エッセイ)
目次
葉っぱお面の少年 / カツオの一本釣り / ヘンテコ動物記 (ほか)
所要
2時間20分

「赤マント」と書き分けできるのか?と思ったナマコシリーズのエッセイだが、二冊目にしてすでに書き分けなく「安定のぐだぐだ」になってて笑う。食べ物の話、ビールの話、釣りの話…ってどこに書いてもみんなこれ。

長嶋有ねたあとに

『ねたあとに』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2009/02 朝日新聞出版
種類
文学(小説)
目次
ケイバ / 顔 / ムシバム (ほか)
所要
3時間40分

山荘で遊び続ける大人たち。自作の遊びとそのルールを読者に伝えることに特化してて、それだけで成立してる。道具もいらない「それはなんでしょう」なんて気軽に盛り上がると思う。小説的でなさがゆるゆる効いてる。

特集コンテンツ

特集一覧

もうすぐ読む本(積読本)

  • 青山真治『地球の上でビザもなく』
  • 赤坂真理『太陽の涙』
  • 新井千裕『逆さ馬のメリーゴーラウンド』
  • 池上永一『トロイメライ』
  • 池澤夏樹『氷山の南』『セーヌの小川』
  • 伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』
  • 井沢元彦『逆説の日本史15』
  • いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』『四とそれ以上の国』『トリツカレ男』
  • 伊藤比呂美『女の絶望』『おなかほっぺおしり』
  • 円城塔『後藤さんのこと』『烏有此譚』
  • 大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』
  • 大崎善生『孤独の森』
  • 角田光代『ドラママチ』『森に眠る魚』『予定日はジミー・ペイジ』
  • 川上弘美『パスタマシーンの幽霊』
  • 川上未映子『安心毛布』『水瓶』
  • 鹿島田真希『ゼロの王国』
  • 鴻上尚史『キフシャム国の冒険』『コミュニケイションのレッスン』
  • 佐伯一麦『木の一族』
  • 椎名誠『大きな約束』『ももんがあからっ風作戦』『新宿遊牧民』『アザラシのひげじまん』
  • 重松清『青い鳥』
  • 笙野頼子『金毘羅』
  • 諏訪哲史『ロンバルディア遠景』
  • 高橋源一郎『さよならクリストファー・ロビン』
  • 辻仁成『まちがい』『永遠者』『その後のふたり』
  • 中原昌也『悲惨すぎる家なき子の死』
  • 西村賢太『二度はゆけぬ町の地図』
  • 東直子『私のミトンさん』
  • 舞城王太郎『ジョージ・ジョースター』
  • 村上春樹『パン屋を襲う』『サラダ好きのライオン』
  • 村上龍『55歳からのハローライフ』
  • 村上龍/坂本龍一『村上龍と坂本龍一 21世紀のEv.Cafe』
  • 本谷有希子『ほんたにちゃん』『嵐のピクニック』
  • 吉田修一『横道世之介』
  • 綿矢りさ『しょうがの味は熱い』『憤死』

このページへのコメント