編集者は何をしてたんだ

近況報告

山川健一『希望のマッキントッシュ』を読んだのですが、これまでの読書人生のなかで、「誤植の多さナンバーワン」の座に輝きました。中身がどうこう以前の問題ですよこれ。

「Coplandのの代わりに~」とか助詞が重なってるパターンが何度も何度も出てくるので山川健一の新しい文体かと思いましたよ。「吸う十個に及ぶ」なんて単純な変換ミスも多数。LINUXがすべてLINAXになってる・・・というのはAmazonレビュー読むまで気づきませんでしたが。

とにかくその数が尋常じゃないのです。2~3箇所であれば「重版で直りますように」と神に祈っておくくらいですが(他人事じゃない痛みだったりしますので)、これは2~3ページに1個くらいあるのです。

どうやったらこうなるんだ。こんなの編集者が赤ペンもって一度目を通せば救えるものじゃないですか。著者ではなく編集者の非ですよね。もしや一度も読んでないのか?

編集者が愛情なく投げやりに作ったような本は酷評しておくべきだろうなと思いますんで、晒しておきます。「山川健一が好き」で手に取った私はともかく、「マックが好き」で読んだ方は、味方だと思ったら敵だったみたいな気分になるんじゃなかろうか。

このページへのコメント