青山真治

新刊・近刊情報

青山真治の新刊・近刊情報

蓮實重彦/黒沢清/青山真治『映画長話』

蓮實重彦/黒沢清/青山真治『映画長話』

2011年08月08日 リトル・モア 1995円 ISBN-10:4898153135

「アバター」から「小津」まで、
3 人の映画への愛が交差する超豪華鼎談会。
雑誌「真夜中」で話題の鼎談が、ついに単行本化。映画ファン必携。

青山真治『エンターテイメント!』

青山真治『エンターテイメント!』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年11月05日 朝日文庫 840円 ISBN-10:4022645806

退廃的な映画監督の堕ちていく日常を活写した表題作のほか、「戦争」という国家が破滅へと至る過程を寓話的な手法で描いた連作「底流」「夜警」「焼土」ほか、人間を「破滅」へと導く、あらゆる現象を撃つ反時代的なエンタ-テインメント小説集!

青山真治『ストレンジ・フェイス』

青山真治『ストレンジ・フェイス』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年06月18日 朝日新聞出版 2100円 ISBN-10:4022507543

沖縄の離島にそびえ立つ高層ビルが、完成を間近に暴徒化した島民に占拠される。彼らの思惑は...。映画作家の小説的到達。
青山真治『シネマ21 青山真治映画論+α集成2001-2010』

青山真治『シネマ21 青山真治映画論+α集成2001-2010』

2010年02月19日 朝日新聞出版 3675円 ISBN-10:4022506946

ゴダール、イーストウッド、スピルバーグ--21世紀の映画は、ここから始まらなければならない。3人の映画作家が織りなす三つ巴の関係によって刻印されたシネマの10年=新たな映画史を一望する、映画論+書評&エッセイ集。蓮實重彦氏絶賛!
青山真治『帰り道が消えた』

青山真治『帰り道が消えた』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年01月27日 講談社 1785円 ISBN-10:4062159848

幹子はいとこの子・都を幼稚園に迎えに行った折、不倫相手の妻に気づく。その後、都が何者かに連れ去られ...。
青山真治『地球の上でビザもなく』

青山真治『地球の上でビザもなく』

2009年11月28日 角川書店 1785円 ISBN-10:4048739808

青山真治の自身に一番近い金字塔的作品 映画とは? 女優とは? 映画監督である青山真治が小説の形で主張する日本映画界への提言とも受け取れる、映画界を舞台にした本格小説。圧倒的な才能を前にしたときの人間の狂おしい葛藤と解放を描く。
青山真治『Helpless』

青山真治『Helpless』

レビューあり、レビューコーナーへ

2009年11月25日 角川文庫 620円 ISBN-10:4043656033

救いのない者たちが引き起こす救いのない出来事の連鎖、疾走する渇いた青春 浅野忠信主演の映画「Helpless」を、監督自らが完全小説化。三島賞受賞作「ユリイカ」の世界とつながる、痛々しくも美しい人間の物語。表題作「Helpless」のその後を描いた「わがとうそう」など3編を収録。
青山真治『死の谷'95』

青山真治『死の谷'95』

レビューあり、レビューコーナーへ

2009年02月13日 講談社文庫 580円 ISBN-10:4062762595

青山真治『死の谷'95』発売情報。

このページへのコメント