池上永一

新刊・近刊情報

池上永一の新刊・近刊情報

池上永一『トロイメライ』

池上永一『トロイメライ』

2013年10月25日 角川文庫 588円 ISBN:9784041010396

19世紀、琉球王朝末期の那覇の街。正義に燃える新米岡っ引きの武太は、つぎつぎと巻き起こる事件にまっすぐ向き合いながら、少しずつ大人への階段を上っていく――。琉球版・千夜一夜物語!

池上永一『黙示録』

池上永一『黙示録』

2013年09月25日 角川書店 1890円 ISBN:9784041105627

了泉は芸人一座の少年。ある日兄弟子が見世物中に事故死し、一座は解散してしまう。了泉の母・美子麻は病のせいで一人洞窟の中で暮らしており、他に身寄りはなかった。母の分も食料を盗んで糊口をしのぐ了泉だったが、ある日王府の踊奉行・石羅吾に拾われる。石羅吾は了泉に踊りの才能を見出し、アカギの巨木の前で「舞で千年を生きてみろ」と言い渡す。一方、清国で風水を学んだ蔡温は、王子の教育役となる。琉球は太陽(てだ)しろと月(つき)しろに支配された国だという理念のもと、王である太陽しろを裏から引き立てる存在として、月しろとなる存在を探す蔡温。その眼に留まったのが、了泉だった――。了泉の舞に呼応するように尚益王はこの世を去り、太陽王たる尚敬王が即位。琉球に三年ぶりの晴天が訪れた。

池上永一『トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ』

池上永一『トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ』

2011年05月31日 角川書店 1575円 ISBN-10:4048742027

ベストセラー『テンペスト』のスピンアウト・シリーズ第2弾!
19世紀、『テンペスト』と同じ時代の琉球王朝。新米岡っ引きとして少しずつ大人への階段をのぼる武太。水不足の村の窮状、盗みを働いた貴婦人、謎の風水師の秘密......今回も6つの難事件が立ちはだかる!

池上永一『統ばる島』

池上永一『統ばる島』

2011年03月11日 ポプラ社 1575円 ISBN-10:4591123928

八重山諸島の8つの島々を舞台に紡がれる物語はすべて織り合わさり大きな感動を呼ぶ。物語を味わう喜びが存分に感じられる傑作。

池上永一『テンペスト 四巻セット』

池上永一『テンペスト 四巻セット』

2011年02月04日 角川書店 2478円 ISBN-10:4043647158

「テンペスト」一巻~四巻を収納し、特典としてオリジナルポストカード(4枚)を同梱した、BOXセット。

池上永一『テンペスト 第四巻 冬虹』

池上永一『テンペスト 第四巻 冬虹』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年11月25日 角川文庫 620円 ISBN-10:404364714X

龍の子よ、王国を抱いて翔べ!
側室として首里城に返り咲いた真鶴に懐妊の兆し!? 一人二役の二重生活も、いよいよ限界か。否応なく押し寄せる列強の足音と、近代化の波。王国滅亡へのカウントダウンか......。琉球ロマン、いよいよクライマックス!

池上永一『テンペスト 第三巻 秋雨』

池上永一『テンペスト 第三巻 秋雨』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年10月23日 角川文庫 620円 ISBN-10:4043647131

流刑地から執念の復活!
罪に問われ、八重山へと流刑された寧温。本来の姿である真鶴に戻り、今度は王の側室として首里城に再び上がることに。しかし、またしても真鶴に多くの困難がのし掛かる!

池上永一『テンペスト 第二巻 夏雲』

池上永一『テンペスト 第二巻 夏雲』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年09月25日 角川文庫 620円 ISBN-10:4043647123

王宮の男と女たちの嫉妬と非難が寧温を襲いかかる!
宦官として次々と難題を解決していった寧温だったが、清国からきた徐丁垓の悪事に振り回される。もみ合いの末に徐は崖から転落し、寧温は殺人の罪を着せられ、八重山に流刑になってしまう――。

池上永一『テンペスト 第一巻 春雷』

池上永一『テンペスト 第一巻 春雷』

レビューあり、レビューコーナーへ

2010年08月25日 角川文庫 620円 ISBN-10:4043647115

遙か南の国から上陸する物語の大旋風、ジェットコースター歴史大河ロマン!
十九世紀の琉球王朝。嵐吹きすさび、龍踊り狂う晩に生まれた神童、真鶴。男として生きることを余儀なくされた真鶴は、名を孫寧温と改め、宦官になって首里城にあがる――

池上永一『トロイメライ』

池上永一『トロイメライ』

2010年08月18日 角川書店 1575円 ISBN-10:4048741004

那覇の街を躍動する男と女たち。琉球版・千夜一夜物語。
19世紀、幕末時代の琉球王朝。那覇で暮らす新米の筑佐事の武太は、日々町中で起こる事件に立ち向かいながら、法と正義の間で揺れるのだった――。人情味溢れる庶民たちが躍動する、エンタメ連作長編。

このページへのコメント