清水義範

新刊・近刊情報

清水義範の新刊・近刊情報

清水義範『朦朧戦記』

清水義範『朦朧戦記』

2015年02月20日 新潮社 1728円 ISBN:9784103915041

長生きだけが能じゃない。無為に暮らす老人たちが突如、暴走を開始。性も闘争本能も解放した挙句......破茶滅茶に愉快な「老楽」小説!

清水義範『夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り』

清水義範『夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り』

2015年01月20日 集英社文庫 702円 ISBN:9784087452778

これまでイスラム、イタリア、バルカンと舞台を変えて刊行されてきた"夫婦で行く"旅シリーズで、著者夫妻が訪れた数々の国で出合った"食"をテーマに綴った番外編エッセイ。

清水義範『アキレスと亀』

清水義範『アキレスと亀』

レビューあり、レビューコーナーへ

2014年08月18日 廣済堂文庫 700円 ISBN:9784331615973

新入社員の女性に講釈をたれる中年サラリーマンの詭弁が爆笑を誘う表題作の「アキレスと亀」、外相会談での同時通訳による慇懃無礼な喧嘩を描く「決裂」、テレビのマラソン実況の「偏向放送」などなど、ありがちな出来事を抱腹絶倒の爆笑世界へ連れていく奇才、清水義範の傑作短編集。 1989年刊行の単行本の文庫化。

清水義範/西原理恵子『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 戦国時代・江戸時代・明治維新編』

清水義範/西原理恵子『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 戦国時代・江戸時代・明治維新編』

2014年07月23日 講談社 1188円 ISBN:9784062190626

清水義範氏が、織田信長や徳川家康などの三英傑から、坂本竜馬、吉田松陰、西郷隆盛など維新の志士たち、歴史上の人物を、小説方式で解説。
イラストは、清水義範氏とのコンビもおなじみ、人気漫画家の西原理恵子氏。インパクトのあるイラストは、子ども達にも支持されるはずです。
ユーモアたっぷりの語り口と、一度見たら忘れられないイラストのコラボレーションで、楽しく歴史を学べます。

清水義範『愛と日本語の惑乱』

清水義範『愛と日本語の惑乱』

2014年02月14日 講談社文庫 809円 ISBN:9784062777599

恋多き大女優と同棲するコピーライターが、失われつつある愛に惑乱。奇妙な言語障害に陥っていく。清水ワールド全開の爆笑長編!

清水義範『心を操る文章術』

清水義範『心を操る文章術』

2014年01月17日 新潮新書 714円 ISBN:9784106105555

今日からあなたも名文家の仲間入り! 読み手の心を揺さぶるために必要な発想とテクニックをつぶさに伝授。メール、ツイッターから小説まで、あらゆる文章に応用可能な「一億総書き手」時代の文章読本!

清水義範『50代から余裕が生まれる人 なくなる人』

清水義範『50代から余裕が生まれる人 なくなる人』

2013年11月22日 三笠書房 600円 ISBN:9784837982319

俳聖・松尾芭蕉の最高傑作『おくのほそ道』――。
この150日の旅日記には、
50代からの「生き方の極意」が書いてある!
・50代から「身軽に生きる」コツ
・50代からは「遊び心」が大切
・50代から「価値あるもの」の見抜き方
・50代からの「孤独」の愉しみ方
などなど、読めば読むほど人生が味わい深くなる本!

清水義範『ドン・キホーテの末裔』

清水義範『ドン・キホーテの末裔』

2013年11月15日 岩波書店 1029円 ISBN:9784006022303

作家の「私」はパロディ文学の傑作たる『ドン・キホーテ』に憧れを抱き,いつかそのパロディに挑戦したいと夢見ていた.やがて書き始めた小説は,老文学者がセルバンテスになりきって『ドン・キホーテ』の第三部を書くというストーリー.連載は順調に進むかに見えたが.......幾重にも仕組まれた構造に文学観を埋め込む長編小説.

清水義範『ifの幕末』

清水義範『ifの幕末』

2013年09月20日 集英社新書 735円 ISBN:9784087451153

日本びいきのフランス人・シオンは海を越えて開国前の日本へ。勝海舟・坂本龍馬・西郷隆盛など大物たちと交流を深め、幕府の知恵袋として天皇に謁見。ついには幕末史を変えてしまう!?

清水義範『学校では教えてくれない日本文学史』

清水義範『学校では教えてくれない日本文学史』

2013年09月03日 PHP文庫 660円 ISBN:9784569760773

『徒然草』はジジイの自慢話!? 紀行文学は悪口文学、川端康成は変態作家?など、絶対眠くならないエンターテイメント日本文学史の授業。

このページへのコメント