諏訪哲史

新刊・近刊情報

諏訪哲史の新刊・近刊情報

諏訪哲史『偏愛蔵書室』

諏訪哲史『偏愛蔵書室』

2014年10月27日 国書刊行会 2700円 ISBN:9784336058287

芥川賞作家の諏訪哲史が、自らの偏愛する書物100冊について、広く熱く語った読書エッセー集。
「中日新聞」に2010年~14年にわたって連載され、大きな話題を呼んだ人気エッセーの待望の単行本化。
プルースト、ジョイス、漱石、賢治から、知られざるマイナー小説や漫画まで。
著者独自の文学論でもあり、文学的自伝ともいえる1冊。

諏訪哲史『スワ氏文集』

諏訪哲史『スワ氏文集』

2012年12月13日 講談社 1575円 ISBN:9784062181099

時代に棹さす反骨魂、名古屋在住・草食系作家のおもしろすぎる貧乏ヒマなし風狂エッセイ。朝日新聞(名古屋版)で話題の「コラムにあるまじきコラム」が単行本化!
ポッキンジュースをめぐる哲学的考察、昭和懐メロ替え歌合戦、名古屋弁婆さん対決、ギャルギャル百人一首、エコのエコひいき問題、花粉病の国家的陰謀、食べ方の相違・夫婦間バトル、猥褻なロケット鉛筆......地元名古屋弁から古文・漢文・落語にギャル語まで、変幻自在な文体で日常を語り尽くす。デビュー作『アサッテの人』で芥川賞を同時受賞した著者による、初抱腹絶倒の初エッセイ集!

諏訪哲史『ロンバルディア遠景』

諏訪哲史『ロンバルディア遠景』

2012年06月15日 講談社文庫 710円 ISBN:9784062772914

「世界の果て」を求めてイタリアへと旅立ち、消息を絶った美貌の若き詩人・月原篤。愛憎も赤裸々に、その生の軌跡を描き出す試み。

諏訪哲史『領土』

諏訪哲史『領土』

2011年11月28日 新潮社 2415円 ISBN-10:4103313811

またひとつ深い秋の裾野が、その金色の領土を広げ始めた。変幻自在な最新小説集。

諏訪哲史『りすん』

諏訪哲史『りすん』

レビューあり、レビューコーナーへ

2011年07月15日 講談社文庫 580円 ISBN-10:4062769905

芥川賞受賞後第一作、待望の長篇小説刊行 小説とは、言葉とは、小説を書くという行為とは。様々な創作の問いを、リズミカルな兄妹の会話に、そしてささやかで切ない物語として描く、芥川賞受賞後第一作。

このページへのコメント