西村賢太

新刊・近刊情報

西村賢太の新刊・近刊情報

西村賢太『小説にすがりつきたい夜もある』

西村賢太『小説にすがりつきたい夜もある』

2015年06月10日 文春文庫 648円 ISBN:9784167903862

四面楚歌の状況下、人生を変えられた一冊は

私小説をひたすら愛し、夜ごと酒を呑み、風俗体験を重ねつつ、机に向かう日々。型破りな魅力の私小説書き、芥川賞受賞前後の随筆集。

西村賢太『無銭横町』

西村賢太『無銭横町』

2015年02月25日 文藝春秋 1404円 ISBN:9784163942070

家賃に払う金なぞ、ねえっ! 最新短篇集

古書店に通いつめる若き日の貫多。田中英光の初版本や手紙を購うため、日雇い仕事に精を出すのだが。彩り豊かな六篇を収録。

西村賢太『一私小説書きの日乗 野性の章』

西村賢太『一私小説書きの日乗 野性の章』

2014年11月29日 角川書店 1728円 ISBN:9784041021385

レギュラーのテレビ番組を降板、恩人の芥川賞受賞に歓喜する。悪友との決別と和解。憧れの人との再会。そして日々、書き、呑み、買う。平成の私小説家・西村賢太の日記文学、2013年5月~2014年6月。

西村賢太『下手に居丈高』

西村賢太『下手に居丈高』

2014年09月10日 徳間書店 1296円 ISBN:9784198638498

不快なマラソンランナーたち、最終学歴「中卒」に込められた思い、某テレビ番組の怒りの降板劇、友人との取っ組み合い――。地味で孤独で、しかしながらどこまでも激しい日々。頑固者、偏屈者を自認する当代きっての無頼作家が、軽快な語り口で世の不徳義を斬り、返す刀でみずからの恥部をえぐる痛快エッセイ集。異色の芥川賞作家の知られざる素顔が明らかに。

西村賢太『(やまいだれ)の歌』

西村賢太『(やまいだれ)の歌』

2014年07月31日 新潮社 1620円 ISBN:9784103032366

中卒で家出した19歳の北町貫多は、横浜で人生の心機一転を図ろうとした──。『苦役列車』の続編となる暗い青春を描く長篇小説。

西村賢太『一私小説書きの独語』

西村賢太『一私小説書きの独語』

2014年07月01日 角川書店 1728円 ISBN:9784041106822

私小説で書かなかった部分にこそ、本来、作者が語りたかった痛みの部分もかなりある――。「野性時代」連載の半自叙伝「一私小説書きの独語」が大幅加筆のうえ単行本化。その他単行本未収録エッセイも多数。

西村賢太『薄明鬼語 西村賢太対談集』

西村賢太『薄明鬼語 西村賢太対談集』

2014年05月21日 扶桑社 1620円 ISBN:9784594070472

木内昇、田中慎弥、本谷有希子、六角精児、テリー伊藤、マツコデラックス、ダイアモンド☆ユカイ、水道橋博士。

登場人物の心境や、どういうふうに攻略を進めていったかは書けるんですけど、身体性を書くのは一番難しい――木内昇
離婚したとき、初めて自殺を考えたよね。(中略)離婚しなければわからなかった音楽もある――ダイアモンド☆ユカイ
降板するってこと自体も、経済的な損失を受けてまで降りたい理由があるってことだから、僕としてはアリだと思っている――水道橋博士

作家、俳優、タレント、ミュージシャン...
中卒、無頼の私小説作家が文学の枠を超えて語り合った、ここだけの話。
率直過ぎる芥川賞作家が引き出し、晒した作家の覚悟、女性関係、テレビ業界と文芸界etc.

西村賢太『一私小説書きの日乗 憤怒の章』

西村賢太『一私小説書きの日乗 憤怒の章』

2013年12月25日 角川書店 1680円 ISBN:9784041106365

行きつけの飲み屋で酒を呑み、編集者と打ち合わせ、新作の執筆にいそしむ。あこがれの人との邂逅に心ときめかせ、そして愚昧な人々に怒りを爆発させる。現代の私小説家、西村賢太の虚飾無き怒りの日々の記録。

西村賢太『寒灯・腐泥の果実』

西村賢太『寒灯・腐泥の果実』

2013年11月28日 新潮文庫 420円 ISBN:9784101312866

初めて恋人との正月を迎える貫多。だが些細な行き違いから険悪な雰囲気になり、大晦日の夜ついに爆発する。二人の新生活に垂れ込める暗雲の行方は――『寒灯』。いくら邪険に扱っていようと、秋恵への気持ちは微塵も変わっていなかった。しかし暴言や暴力は続き、ついに彼女は去ってゆく。そのあとに残されたものは――『腐泥の果実』。他二篇を収録する私小説集、待望の文庫化。

西村賢太『歪んだ忌日』

西村賢太『歪んだ忌日』

2013年06月28日 新潮社 1365円 ISBN:9784103032359

二十数年没交渉だった母親からの手紙は、貫多の心に波紋を呼び起こした──。芥川賞受賞作『苦役列車』の主人公貫多を描く作品六篇。

このページへのコメント