久能山東照宮

徳川家康が遺命により、古くは久能寺、以後久能城のあったこの地に埋葬され、二代将軍秀忠によって1617年(元和3年)に創建された神社、久能山東照宮。後にその御霊の一部が移されたのが日光東照宮になります。権現造の壮麗な社も日光東照宮を彷彿とさせます。

海岸近くから石段を登って行く参道のあたりによい気が通っています。最奥には家康の墓、御廟所があります。こちらにもパワーがあります。

ロープウェイで隣の山、日本平とつながっているためあわせて観光することが多いところです。

名称
久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)
所在地
静岡県静岡市駿河区根古屋390
営業時間
9~17時(冬季は~16時)
料金
拝観500円
公共交通
東名高速 静岡ICから30分
サイト
久能山東照宮

久能山東照宮周辺の温泉・宿泊施設

パワースポットのパワーをよりいっそう吸収するにはあわせて温泉に立ち寄るのが効果的。久能山東照宮周辺の温泉としては、すぐそばに日帰り温泉施設「天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば」があります。宿泊地としては18kmほどの距離にやいづ黒潮温泉があります。

周辺のおすすめ温泉宿

周辺の日帰り温泉

久能山東照宮の関連アイテム

静岡県中部(静岡)の天気予報

静岡のパワースポット