糸井重里

現代文学100字レビュー

糸井重里プロフィール&ガイド

糸井重里(いといしげさと)―1948年、群馬県前橋市出身。コピーライター、エッセイスト。

「おいしい生活」などコピーライターとして、良くも悪くも80年代を体現した。

コピーライターだけに留まらず、RPGゲーム「MOTHER」の作者、徳川埋蔵金発掘人、「トトロ」のお父さん、釣り人などいろんな露出をしてきましたが、自身のサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」からさらに新しい表現を探ってます。小説では『家族解散』が群を抜いた出来なのですが現在入手できないので、気軽にエッセイでも読んでおきましょう。また小説書いてくれることも期待しつつ。埋蔵金が出てこなくっても、MOTHER3が暗礁にあっても、この人の生活って憧れられるもんですな。

つながり作家

  • 吉本隆明
  • 齋藤孝
  • ほぼ日刊イトイ新聞
  • 田端信太郎
  • 山田ズーニー

マイベストはこれ!

レビュー一覧

邱永漢/糸井重里『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ

『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』の表紙画像
評価
★☆☆☆☆
発行
2001/03 PHP研究所
種類
社会科学
目次
第1章 お金について、どう考えはじめればいいのですか? / 第2章 事業・株式上場・給料生活。話題のインターネットも / 第3章 人間・邱永漢が知りたくなります (ほか)
所要
1時間30分

お金なんて関係ないんだよと言って斜め向いていられた時代はもう過ぎた。「ほぼ日」のポテンシャルから子供の教育まで考えるべきヒント。「お金の神様」邱が相手とはいえ、感心するばかりじゃなく糸井も主張しなよ。

糸井重里『糸井重里のイトイ式コトバ論序説

評価
★★☆☆☆
発行
1992/09 マドラ出版 夜中の学校
種類
言語
目次
第一講 コトバだらけの世界 / 第二講 ダジャレとナンセンス / 第三講 コトバと人間 (ほか)
所要
1時間

テレビ番組「夜中の学校」で放映されたミニ講義。内容はソシュール言語学風な「コトバ以前の何者か」について。序説どまりじゃどうしようもないとは思うのだが、言葉を職業的に使うなら知っておくべき基礎ではある。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ おかねをちゃんとかんがえることからにげまわっていたぼくらへ 2001/03 社会科学 ★☆☆☆☆
糸井重里のイトイ式コトバ論序説 いといしげさとのいといしきことばろんじょせつ 1992/09 言語 ★★☆☆☆
ダーリンコラム だーりんこらむ 2001/11 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ほぼ日刊イトイ新聞の本 ほぼにっかんいといしんぶんのほん 2001/04 文学(エッセイ) ★★★★★
詩なんか知らないけど しなんかしらないけど 2000/02 文学(詩歌) ★★★☆☆
情熱のペンギンごはん じょうねつのぺんぎんごはん 1980/06 芸術・美術 ★★★★☆
話せばわかるか はなせばわかるか 1983/07 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
私は嘘が嫌いだ わたしはうそがきらいだ 1982/01 総記 ★☆☆☆☆
ペンギニストは眠らない ぺんぎにすとはねむらない 1980/12 文学(エッセイ) ★★★★☆
牛がいて、人がいて。 うしがいてひとがいて 1983/02 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
家族解散 かぞくかいさん 1986/10 文学(小説) ★★★★★
夢で会いましょう ゆめであいましょう 1981/11 文学(エッセイ) ★★★☆☆

これから出る本、最近出た本

糸井重里『できることをしよう。: ぼくらが震災後に考えたこと』
2015年02月28日 新潮文庫 810円
糸井重里『インターネット的』
2014年11月05日 PHP文庫 734円
早野龍五/糸井重里『知ろうとすること。』
2014年09月27日 文庫 464円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント