山川健一

現代文学100字レビュー

山川健一プロフィール&ガイド

山川健一(やまかわけんいち)―1953年、千葉県千葉市出身。小説家。

1977年『鏡の中のガラスの船』が群像新人文学賞の優秀作となり、デビュー。バンドのボーカリストとしても活躍。

時代にそってバイク、ロックンロール&ブルース、環境問題、車、マッキントッシュ、スピリチュアル等と扱われる素材が変わるので、自分が好きなモノの作品ならスムーズに入れると思います。いかんせん、ほとんどの作品が品切れ・絶版となっていて、入手できる作品は限られています。

つながり作家

  • 坂本政道
  • 鈴木啓介
  • 今井泰一郎
  • とみなが夢駆
  • ブルース・モーエン

マイベストはこれ!

レビュー一覧

山川健一『リアルファンタジア 2012年以降の世界

『リアルファンタジア 2012年以降の世界』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2008/10 アメーバブックス新社
種類
哲学
目次
第1章 ヘミシンクで知る温かく美しい故郷としての宇宙 / 第2章 体外離脱、海に浮かんだ光の球、オーラ体験 / 第3章 オーロラと一体化する (ほか)
所要
2時間40分

ヘミシンクを通じたガイドたちとの対話。2012年目前、「世界がどのようにできているか」の話であり、それを踏まえてどう生きるべきかという話。オカルトと切り捨てるには勿体無い。量子宇宙論へ至る過程は面白いよ。

山川健一『神をさがす旅―ユタ神様とヘミシンク

『神をさがす旅』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2010/01 幻冬舎
種類
文学(日記・紀行)
目次
プロローグ 木霊やガイド達よりも大きな存在 / 第1章 空に浮かぶ屋久島 / 第2章 奄美大島のユタ神様 (ほか)
所要
2時間20分

屋久島、奄美で神と出会う旅。比喩的でなくて形をもった神として対面する。その扉を開けるのはヘミシンクという変性意識へ上昇するスキル。近年人気なスピリチュアル紀行としてはもう一段階深い。島神の声を聞こう。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
リアルファンタジア 2012年以降の世界 りあるふぁんたじあにせんじゅうにねんいこうのせかい 2008/10 哲学 ★★★★☆
神をさがす旅 かみをさがすたび 2010/01 文学(日記・紀行) ★★★★☆
新選組、敗れざる武士達 しんせんぐみやぶれざるぶしたち 2004/08 歴史 ★★★☆☆
夜の果物、金の菓子 よるのくだものきんのかし 2006/03 文学(小説) ★★☆☆☆
イージー・ゴーイング いーじーごーいんぐ 2004/10 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
黒革と金の鈴 くろかわときんのすず 2003/07 文学(小説) ★★☆☆☆
希望のマッキントッシュ きぼうのまっきんとっしゅ 2003/12 技術・工学 ★☆☆☆☆
ロックンロールの秘密 ろっくんろーるのひみつ 2000/09 芸術・美術 ★★☆☆☆
僕らに魔法をかけにやってきた自動車 ぼくらにまほうをかけにやってきたじどうしゃ 2001/09 技術・工学 ★★☆☆☆
ファンタスティック・シティへようこそ ふぁんたすてぃっくしてぃへようこそ 1991/05 芸術・美術 ★★☆☆☆
歓喜の歌 かんきのうた 2003/03 文学(小説) ★☆☆☆☆
JOY じょい 1993/06 文学(小説) ★☆☆☆☆
死ぬな、生きろ。 しぬないきろ 2002/07 文学(エッセイ) ★★★☆☆
おはよう、ブルースマン。 おはようぶるーすまん 1997/12 芸術・美術 ★★★☆☆
自転車散歩の達人 じてんしゃさんぽのたつじん 1999/09 文学(エッセイ) ★★★☆☆
セイヴ・ミー せいぶみー 1991/02 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
オーラが見える毎日 おーらがみえるまいにち 1999/12 哲学 ★★★★☆
ジーンリッチの復讐 じーんりっちのふくしゅう 2001/09 文学(小説) ★★★★☆
多重人格の女神 たじゅうじんかくのめがみ 1995/08 文学(小説) ★★★☆☆
ぼくは小さな赤い鶏 ぼくはちいさなあかいにわとり 1986/03 文学(小説) ★★☆☆☆
不良少年の文学 ふりょうしょうねんのぶんがく 2000/07 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ニュースキャスター にゅーすきゃすたー 2001/01 文学(小説) ★★★★☆
ふつつかな愛人達 ふつつかなあいじんたち 1993/06 文学(小説) ★★☆☆☆
日曜日のiMac にちようびのあいまっく 1999/05 技術・工学 ★★★☆☆
ブルースマンの恋 ぶるーすまんのこい 1989/09 芸術・美術 ★★★☆☆
アニマルハウス あにまるはうす 1991/07 文学(小説) ★★☆☆☆
ヒーリング・ハイ ひーりんぐはい 1995/12 哲学 ★★★★☆
ワン・ラブ・ジャマイカ わんらぶじゃまいか 1993/11 文学(日記・紀行) ★★★☆☆
ママ・アフリカ ままあふりか 1993/01 文学(小説) ★★★☆☆
ロックンロール日和 ろっくんろーるびより 1990/11 芸術・美術 ★☆☆☆☆
欲望 よくぼう 1995/10 文学(小説) ★★★☆☆
ヴァーチャル・エクスタシー ばぁーちゃるえくすたしー 1998/03 文学(小説) ★★★★★
君たちは世界の新しい王様 きみたちはせかいのあたらしいおうさま 1997/11 文学(小説) ★★★☆☆
アップル・ジャム あっぷるじゃむ 1997/07 文学(小説) ★★★☆☆
マッキントッシュ・ハイ まっきんとっしゅはい 1997/01 総記 ★★★★☆
b.とその愛人 べーとそのあいじん 1997/01 文学(小説) ★★★☆☆
ライダーズ・ハイ らいだーずはい 1984/05 文学(小説) ★★★★☆
五人十色 ごにんといろ 1984/06 文学(エッセイ) ★★★☆☆
快楽のアルファロメオ かいらくのあるふぁろめお 1995/11 技術・工学 ★★☆☆☆
十七粒の媚薬 じゅうななつぶのびやく 1989/04 文学(小説) ★☆☆☆☆
追憶のルート19 ついおくのるーとないんてぃーん 1987/04 文学(小説) ★★★☆☆
真夏のニール まなつのにーる 1988/08 文学(小説) ★★★★☆
さよならの挨拶を さよならのあいさつを 1981/11 文学(小説) ★★★★☆
窓の外を眺めながら、部屋のなかに座っている。 まどのそとをながめながらへやのなかにすわっている 1995/07 文学(小説) ★★★★☆
安息の地 あんそくのち 1994/09 文学(小説) ★★★★★
贅沢な恋人たち ぜいたくなこいびとたち 1994/04 文学(小説) ★★☆☆☆
カーズ かーず 1993/10 文学(小説) ★★★☆☆
カナリア かなりあ 1993/08 文学(小説) ★★★☆☆
僕らは嵐のなかで生まれた 第1部 ぼくらはあらしのなかでうまれた1 1993/04 文学(小説) ★★★★☆
贅沢な失恋 ぜいたくなしつれん 1993/04 文学(小説) ★★☆☆☆
マシンの見る夢 ましんのみるゆめ 1992/09 文学(小説) ★☆☆☆☆
贅沢な恋愛 ぜいたくなれんあい 1990/09 文学(小説) ★★☆☆☆
いつもそばに仲間がいた いつもそばになかまがいた 1992/02 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
ジゴロたちの航海 じごろたちのこうかい 1992/04 文学(小説) ★★★☆☆
スパンキング・ラヴ すぱんきんぐらぶ 1992/07 文学(小説) ★★★★☆
僕らがポルシェを愛する理由 ぼくらがぽるしぇをあいするりゆう 1991/09 技術・工学 ★★☆☆☆
ライオンの昼寝 らいおんのひるね 1991/08 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
ブランク・セヴンティーズ ぶらんくせぶんてぃーず 1989/12 文学(小説) ★★☆☆☆
チョコレートの休暇 ちょこれーとのきゅうか 1988/05 文学(小説) ★★★☆☆
コーナーの向こう側へ こーなーのむこうがわへ 1984/07 文学(小説) ★★☆☆☆
凍えた薔薇 こごえたばら 1991/09 文学(小説) ★★★★☆
サンタのいる空 さんたのいるから 1983/07 文学(小説) ★★★☆☆
セイヴ・ザ・ランド せいぶざらんど 1989/12 文学(小説) ★★★★☆
恋愛真空パック れんあいしんくうぱっく 1988/03 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
蜂の王様 はちのおうさま 1989/05 文学(小説) ★★★★☆
セルフ・ポートレイト せるふぽーとれいと 1988/06 文学(小説) ★★★☆☆
初台R&R物語 はつだいろっくんろーるものがたり 1988/07 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ティガーの朝食 てぃがーのちょうしょく 1989/05 文学(小説) ★★★★☆
今日もロック・ステディ きょうもろっくすてでぃ 1981/07 芸術・美術 ★★☆☆☆
ロックンロール・ゲームス ろっくんろーるげーむす 1986/11 芸術・美術 ★★★☆☆
クロアシカ・バーの悲劇 くろあしかばーのひげき 1986/11 文学(小説) ★★★☆☆
綺羅星 きらぼし 1983/09 文学(小説) ★★★★★
ローリング・キッズ ろーりんぐきっず 1986/01 芸術・美術 ★★★☆☆
雨の日のショート・ストッパーズ あめのひのしょーとすとっぱーず 1986/06 文学(小説) ★★★☆☆
ロックス ろっくす 1986/05 文学(小説) ★★★★☆
マギー・メイによろしく まぎーめいによろしく 1985/09 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
星とレゲエの島 ほしとれげえのしま 1985/07 文学(小説) ★★★☆☆
サザンクロス物語 さざんくろすものがたり 1985/10 文学(小説) ★★★★☆
パーク・アベニューの孤独 ぱーくあべにゅーのこどく 1983/03 文学(小説) ★★★☆☆
僕のハッピー・デイズ ぼくのはっぴーでいず 1987/04 文学(エッセイ) ★★★☆☆
壜の中のメッセージ びんのなかのめっせーじ 1981/03 文学(小説) ★★★★☆
鏡の中のガラスの船 きょうのなかのがらすのふね 1981/03 文学(小説) ★★★★☆
水晶の夜 すいしょうのよる 1984/10 文学(小説) ★★★★☆
みんな十九歳だった みんなじゅうきゅうさいだった 1984/02 文学(エッセイ) ★★★☆☆
窓にのこった風 まどにのこったかぜ 1982/06 文学(小説) ★★★★★

このページへのコメント