湯本香樹実

現代文学100字レビュー

湯本香樹実プロフィール&ガイド

湯本香樹実(ゆもとかずみ)―1959年、東京都出身。小説家。

1993年『夏の庭』で第26回日本児童文学者協会新人賞受賞。

『夏の庭』を人に勧められて読んだんでしたが、それ以後は手をつけてないですね。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

湯本香樹実『夏の庭―The friends

『夏の庭』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
1992/05 福武書店 Best choice
種類
文学(小説)
目次
夏の庭

「死」を知りたいと死にかけた老人を観察する少年たち。いつしか交流が生まれ、大人へと段を登ることになる。読書感想文課題図書的な優良さに留まらず、脇役としての母親との小シーンまでドキリとさせるものはある。

これから出る本、最近出た本

湯本香樹実『夜の木の下で』
2014年11月27日 新潮社 1404円
湯本香樹実『岸辺の旅』
2012年08月03日 文春文庫 560円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント