横尾忠則

現代文学100字レビュー

横尾忠則プロフィール&ガイド

横尾忠則(よこおただのり)―1936年、兵庫県西脇町出身。画家。

グラフィック・デザイナーから画家へ。2008年『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、2011年朝日賞受賞。

もちろん文筆は本業でないわけですが、エッセイがいろいろ出ています。自伝『横尾忠則自伝』が彼のことを知るのに最適でしたが現在入手不可なので、『インドへ』から手を出して見ましょうか。それが芸術家というものの本質なのかどうかは知らないですが、精神世界に深い洞察があります。UFOと宇宙人とのコンタクトについての文章も興味深いです。もちろん私はそれがすべて事実と思ってるスピリチュアル好きです。

つながり作家

  • 草間弥生
  • 副田高行
  • 岡本太郎
  • 妹尾河童
  • 会田誠

マイベストはこれ!

レビュー一覧

横尾忠則『ポルト・リガトの館

『ポルト・リガトの館』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2010/03 文藝春秋
種類
文学(小説)
目次
ポルト・リガトの館 / パンタナールへの道 / スリナガルの蛇
所要
2時間20分

スペイン、ブラジル、インドを旅する小説三編。別の現実へするりと抜け出た作品集で、ダリが登場しなくともシュルレアリスム風。タントラ的セックスを描く筆運びの巧さに感嘆しつつ、やっぱり表題作の幻想性が格別。

横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか

『なぜぼくはここにいるのか』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1976/07 講談社
種類
文学(エッセイ)
目次
仕事 / 批評 / 故郷 (ほか)
所要
3時間20分

インドと精神世界がなだれ込んできた頃のエッセイ。芸術へ繋がるインスピレーションの一側面として大事に育てようとしている風だ。文中に挟まるラフスケッチや初体験の座禅風景を見ても、変わりつつある道の絵だし。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
ポルト・リガトの館 ぽるとりがとのやかた 2010/03 文学(小説) ★★★★☆
なぜぼくはここにいるのか なぜぼくはここにいるのか 1976/07 文学(エッセイ) ★★★☆☆
美藝公 びげいこう 1981/02 文学(小説) ★★★★☆
コブナ少年 こぶなしょうねん 2001/03 芸術・美術 ★★★☆☆
異路倫 けろりん 1998/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
二人でヨの字 ふたりでよのじ 1994/04 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
名画裸婦感応術 めいがらふかんのうじゅつ 2001/06 芸術・美術 ★★★☆☆
我が坐禅修行記 わがざぜんしゅぎょうき 1978/05 哲学 ★★★☆☆
方舟から一羽の鳩が はこぶねからいちわのはとが 1977/11 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
未完への脱走 みかんへのだっそう 1970/11 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
見えるものと観えないもの みえるものとみえないもの 1992/06 文学(エッセイ) ★★★☆☆
名画感応術 めいがかんのうじゅつ 1997/06 芸術・美術 ★★★☆☆
東京見おさめレクイエム とうきょうけんおさめれくいえむ 1997/10 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
横尾忠則自伝 よこおただのりじでん 1995/11 芸術・美術 ★★★★☆
芸術は恋愛だ げいじゅつはれんあいだ 1992/12 文学(エッセイ) ★★★★☆
宇宙瞑想 うちゅうめいそう 1980/03 文学(エッセイ) ★★★☆☆
天と地は相似形 てんとちはそうじけい 1994/02 文学(エッセイ) ★★★★☆
導かれて、旅 みちびかれてたび 1992/04 文学(日記・紀行) ★★★★☆
彼岸に往ける者よ ひがんにゆけるものよ 1978/10 文学(エッセイ) ★★★★☆
インドへ いんどへ 1977/06 文学(日記・紀行) ★★★★★

これから出る本、最近出た本

横尾忠則『ぼくなりの遊び方、行き方: 横尾忠則自伝』
2015年03月10日 ちくま文庫 1188円
横尾忠則『横尾忠則の地底旅行』
2014年10月08日 国書刊行会 2160円
横尾忠則『絵画の向こう側・ぼくの内側 未完への旅』
2014年06月19日 岩波現代全書 2700円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント

横尾忠則の公式ツイート

横尾忠則 @tadanoriyokoo

6,840 ツイート

0 フォロー

212,200 フォロワー

横尾忠則 @tadanoriyokoo

このところ少しづつ急がしくなってきた。というか行動を起こしたくなった。この暑いのに冬眠していたからね。年令のことや体力のことを言っている暇がないということに気づき始めたってわけさ。bit.ly/1Xgurj

2017-08-23 15:03

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

もともと演歌が好きで一番最初に買ったLPが森さんのアルバムだった。つい2〜3日前に森さんのCD大全集みたいなのが出て、買わなきゃと思っていた矢先きにご本人に会って、びっくりしちゃった。

2017-08-23 15:02

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

今日は想像もしないところで森進一さんと何十年振りかでバッタリ会って、バタバタとつもる話をしたけれど今度もっとゆっくりお話をしましょうよ。

2017-08-23 15:02

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

メダカは編隊になって泳ぐのをすっかり忘れていた。ちょっと壮観で格好いいんですよね。

2017-08-23 15:02

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

メダカ2〜3匹のところに20匹の大家族が入ってきて、大家さんメダカはびっくり仰天じゃないかな。わが家族も増えた感じだ。人もメダカも同じだからね。

2017-08-23 15:02

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

メダカが20匹(赤と青の2種)増えた。前の2〜3匹(黒)は驚いているに違いない。 pic.twitter.com/U7kTkAjO0g

photo

2017-08-22 16:40

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

ソフトクリームの頭頂部、輪っかになっていました。 pic.twitter.com/gM32GllPNg

photo

2017-08-22 16:37

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

糸井さん、ニンニクの功罪はいかがでした? タクシーの運転手は全然臭わないと言っていました。今夕のマッサージはマスク着用の予定。

2017-08-22 16:35

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

糸井重里さん、お昼はステーキ美味しかったです。どーもごちそうさまでした。今度神戸のステーキ行きましょう。明日お嬢さん十和田市現代美術館へ行かれるそーで、大変嬉しいです。係の人に名乗って下さい。連絡しておきます。

2017-08-22 16:35

ReplyRTFav

横尾忠則 @tadanoriyokoo

脳と身体が一体化していると脳の支配下に身体はあるけれど、身体が脳から自立すると病気は去っちゃうようだ。bit.ly/1Xgurj

2017-08-22 10:23

ReplyRTFav