よしもとばなな

現代文学100字レビュー

よしもとばななプロフィール&ガイド

よしもとばなな(よしもとばなな)―1964年、東京都出身。小説家。

父は評論家・吉本隆明。1987年『キッチン』で第6回海燕新人文学賞、1988年同作で第16回泉鏡花文学賞および芸術選奨新人賞、1989年『TUGUMI』で第2回山本周五郎賞、1995年『アムリタ』で第5回紫式部文学賞、2000年『不倫と南米』で第10回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。2002年に「吉本ばなな」から改名して「よしもとばなな」に。

一読すると少女漫画風でどうしたものやらという。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

よしもとばなな『TUGUMI

『TUGUMI』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1989/03 中央公論社
種類
文学(小説)
目次
お化けのポスト / 春と山本家の姉妹 / 人生 (ほか)

性格の悪い嫌な女の子を丁寧に描いていて、親が甘やかした故だとか「実は心清らかな人なのかも」って匂わすような甘さがあったとしても人物造形の腕は評価に値するが。話者の性格から全体が朗らかになりすぎの感も。

よしもとばなな『キッチン

『キッチン』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1988/01 福武書店
種類
文学(小説)
目次
キッチン / 満月 / ムーンライト・シャドウ

やっぱり人を癒すのは愛ですよ。ってストーリーで合ってる? 語彙は「あれ?」っていう外しどころが結構あるのだが主題はまっすぐだ。いろんな種類の愛が(台所への偏愛含む)連作なのでより効果的に現れてきますね。

これから出る本、最近出た本

よしもとばなな『小さな幸せ46こ』
2015年03月09日 中央公論新社 1512円
よしもとばなな『サーカスナイト』
2015年01月21日 幻冬舎 1620円
よしもとばなな『鳥たち』
2014年10月24日 集英社 1404円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント