渡辺浩弐

現代文学100字レビュー

渡辺浩弐プロフィール&ガイド

渡辺浩弐(わたなべこうじ)―1962年、福岡県福岡市出身。小説家。

デジタルクリエイター集団「GTV」代表。早稲田大学大学院非常勤講師でもある。

デジタル社会を揶揄するような作品がほとんど。「ゲーム・キッズ」シリーズはショートショート風に近未来を描く作品群で、まずはこれが初心者におすすめなんですけど、絶版の嵐で、おすすめしても手に入らねぇって状況。古本屋で「ゲームキッズ」シリーズを見かけたら買ってみてください。

つながり作家

  • 泡坂妻夫
  • 星新一
  • 森博嗣
  • 泉和良

マイベストはこれ!

レビュー一覧

渡辺浩弐『死ぬのがこわくなくなる話

『死ぬのがこわくなくなる話』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2012/04 星海社FICTIONS
種類
文学(小説)
目次
死ぬのがこわくなくなる話
所要
3時間30分

ツイッターまとめ。人間の生死、デジタルな不死を考察してゆくなかで、カルト集団に触れちゃってヤバめ急展開。本になると切迫感が弱まるけど、リアルタイム実況の連載は、著者のメディア使いの上手さに惚れ直した。

渡辺浩弐『2999年のゲーム・キッズ

『2999年のゲーム・キッズ』の表紙画像
評価
★☆☆☆☆
発行
2000/01 アスキー ファミ通books
種類
文学(小説)
目次
子供を作る―シカの話 / 別の顔―マリーの話 / 空を飛んでみた―シズクホタルの話 (ほか)
所要
1時間

子供のことや、記憶や死や、町の外について物思う機械人間たち。未来像としては突出した部分はないんだけれども、童話みたいな柔らかさを醸してる。人肌を捨てても感情の自由という不完全さを善とするこの1000年後。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
死ぬのがこわくなくなる話 しぬのがこわくなくなるはなし 2012/04 文学(小説) ★★★☆☆
2999年のゲーム・キッズ にせんきゅうひゃくきゅうじゅうきゅうねんのげーむきっず 2000/01 文学(小説) ★☆☆☆☆
プラトニックチェーン 02 ぷらとにっくちぇーん02 2003/04 文学(小説) ★★☆☆☆
プラトニックチェーン 01 ぷらとにっくちぇーん01 2003/02 文学(小説) ★★☆☆☆
2000年のゲーム・キッズ にせんねんのげーむきっず 1997/03 文学(小説) ★★★☆☆
BLACK OUT ぶらっくあうと 1996/03 文学(小説) ★★★★☆
デジタルな神様 でじたるなかみさま 1995/12 文学(小説) ★★★☆☆
アンドロメディア あんどろめでぃあ 1997/04 文学(小説) ★★★★☆
マザー・ハッカー まざーはっかー 1994/10 文学(小説) ★★★☆☆
1999年のゲーム・キッズ せんきゅうひゃくきゅうじゅうきゅうねんのげーむきっず 1994/04 文学(小説) ★★★★☆

このページへのコメント

渡辺浩弐の公式ツイート

渡辺浩弐 @kozysan

中野ブロードウェイにて制作会社(9F)カフェ(4F)経営、小説執筆。 中野ブロードウェイ検定1級(歴代最高得点記録保持)。 最新刊『中野ブロードウェイ脱出ゲーム』(角川ホラー文庫/2017年11月刊行予定)。

中野ブロードウェイ ・ http://t.co/y4fNP9sj

7,035 ツイート

390 フォロー

14,397 フォロワー

模範的工作員同志/赤野工作 @KgPravda

ファミコン名人の「インドマン」こと小我恋次郎は、渡辺浩弐により「カレーを食べるとゲームが上手くなる変態」という設定をつけられ、その設定のままに映像作品に出演させられることになった男。インターネットの都市伝説では、彼の正体はそう言い伝えられている。

渡辺浩弐さんがリツイート

2017-10-16 11:06

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

ゲーム名人といえばこの人のことも思い出してあげてほしい。
「インドマン」テレビ東京のゲーム番組でレギュラーをとったのにアドリブでパンツ脱いだせいで1回で降ろされた人
(そんで企画構成やってた僕が急遽、代わりに出ることになった)。 pic.twitter.com/Ew77NqtUiw

photo

2017-10-16 10:53

ReplyRTFav

高橋名人 @meijin_16shot

高橋名人 公式ブログを更新しました。 『当時の名人を覚えてますか?』
ameblo.jp/meijin16shot/e…

渡辺浩弐さんがリツイート

2017-10-16 09:46

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

居酒屋で「むしやき」を頼んだら思ってたのと違うのが出てきた。 pic.twitter.com/PSj2dgsR7E

photo

2017-10-15 18:36

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

詐欺メイク動画が流行ってるけどテレビに出てる女優さんやアイドルならこれくらいの厚化粧は普通だからね。 #詐欺メイク #プロ pic.twitter.com/s7RQOtzkbd

photo

2017-10-14 18:45

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

うち(中野ブロードウェイ4階)の窓から、隣に新しく建ったビルのベランダにぎりぎり飛び移れる/ぎりぎり失敗するかもしれない(失敗したら多分死ぬ)/距離で、毎日ものすごく葛藤している。苦しい。 pic.twitter.com/S6NCU8SNe8

photo

2017-10-13 18:04

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

良記事楽しませて頂きました! 発掘・引用だけでなく追加取材もされていて感心しきりです。Gアクションはとみさわさんやスタジオハードの高橋さんと「大人向けのファミコン雑誌を作ろう」と企んだものでした。そういえば僕は当時「宝島」誌で『フ… twitter.com/i/web/status/9…

2017-10-06 17:02

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

男子校の寄宿舎にいたのですが、高一の時そこで同級生の一人が亡くなりました。15、16の少年にとってそれは衝撃的な事件で、個室で一人で寝るのが辛くて大抵の子が友達と誘いあって一緒のベッドで寝ました。その夜たくさんカップルができて、結構卒業まで続いたんです。 #わたしを離さないで

渡辺浩弐さんがリツイート

2016-01-15 23:20

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

『わたしを離さないで』は設定の特異性(寄宿舎の少年少女たちの使命=“提供”)で目立ってしまう作品ですが、その凄みは思春期の少年少女の心の揺れの描写です。そこにはすごく普遍性があるんです。

渡辺浩弐さんがリツイート

2016-01-15 23:03

ReplyRTFav

渡辺浩弐 @kozysan

カズオ・イシグロ作品はどれも素晴らしい翻訳で発刊されていますが、特に、日本人として日本語に翻訳された『浮世の画家』を読めるのは最高のぜいたくです。この作家の感覚の普遍性に驚愕します。

2017-10-06 03:39

ReplyRTFav