綿矢りさ

現代文学100字レビュー

綿矢りさプロフィール&ガイド

綿矢りさ(わたやりさ)―1984年、京都府京都市出身。小説家。

デビュー作では女子高生作家と話題に。2001年『インストール』で第38回文藝賞、2004年『蹴りたい背中』で第130回芥川賞、2012年『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞受賞。

史上最年少19歳での芥川賞受賞に、ワイドショーまで大騒ぎになりましたね。これからが大変です。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

綿矢りさ『ひらいて

『ひらいて』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2012/07 新潮社
種類
文学(小説)
目次
ひらいて
所要
1時間30分

「心象をリアルに描いた恋愛小説」みたいなつまらない場所に綿矢も安住するのね、と淋しい想いをしながら読んでたら何だこれ。奇抜な展開に再評価。終盤の壊れ方と、それでも美しく結ぶ技量にも一つ抜けた感がある。

綿矢りさ『かわいそうだね?

『かわいそうだね?』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2011/10 文藝春秋
種類
文学(小説)
目次
かわいそうだね? / 亜美ちゃんは美人
所要
2時間30分

「最後の爆発」に向かって溜めてゆく構成にはエンタメ的な軽快さと諧謔がある。誰も言葉にしたことのない感情を見つめるのを措いてでも、作家的な足元を固めてきてる感じだね。でも書きたい作品はこれじゃないよね?

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
ひらいて ひらいて 2012/07 文学(小説) ★★★★☆
かわいそうだね? かわいそうだね 2011/10 文学(小説) ★★★☆☆
勝手にふるえてろ かってにふるえてろ 2010/08 文学(小説) ★★★☆☆
夢を与える ゆめをあたえる 2007/02 文学(小説) ★★★☆☆
蹴りたい背中 けりたいせなか 2003/08 文学(小説) ★★★★★
インストール いんすとーる 2001/11 文学(小説) ★★★★☆

これから出る本、最近出た本

綿矢りさ『しょうがの味は熱い』
2015年05月08日 文春文庫 486円
綿矢りさ『憤死』
2015年03月06日 河出文庫 518円
綿矢りさ『ひらいて』
2015年01月28日 新潮文庫 464円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント