梅原猛

現代文学100字レビュー

梅原猛プロフィール&ガイド

梅原猛(うめはらたけし)―1925年、宮城県仙台市出身。学者。

哲学者で、大学教授などを歴任する。日本古代史を照らす多くの著書で知られる。スーパー歌舞伎「ヤマタケル」など戯曲もある。1972年『隠された十字架』で第26回毎日出版文化賞、1974年『水底の歌』で第1回大佛次郎賞受賞。

中上健次との共著で読んでいるに過ぎませんが……。

つながり作家

  • 稲盛和夫
  • 梶山雄一
  • 五木寛之
  • 桜部建
  • 司馬遼太郎

マイベストはこれ!

レビュー一覧

梅原猛/中上健次『甦る縄文の思想

『甦る縄文の思想』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1993/07 有学書林
種類
歴史
目次
縄文の深層 / 甦る縄文 / 中上健次の死

縄文文化を思想として体現しうる学者梅原と、縄文的感性で小説世界を構築する作家中上の対談。追悼的に出版された中上論でもある。確信的に土俗熱量を利用する作家の力強い言葉を見るたびに早過ぎる死が惜しまれる。

梅原猛/中上健次『君は弥生人か縄文人か―梅原日本学講義

『君は弥生人か縄文人か』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1984/02 朝日出版社 Lecture books
種類
歴史
目次
熊野、その周辺性 / アイヌ、日本の原基 / 柳田国男を超えて (ほか)

黄泉の国熊野をとっかかりにアイヌ、柳田国男を考え「日本人とは」に迫る対談集。梅原の講義を中上が聴くという趣向。縄文文化、弥生文化をうまく利用しながら、さて今文学では何ができるのか、という作為的な問い。

このページへのコメント