白石一文

現代文学100字レビュー

白石一文プロフィール&ガイド

白石一文(しらいしかずふみ)―1958年、福岡県出身。小説家。

父は作家・白石一郎、弟も作家・白石文郎。文藝春秋勤務を経て2000年『一瞬の夏』でデビュー。2009年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で第22回山本周五郎賞、2010年『ほかならぬ人へ』で第142回直木賞受賞。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

白石一文『草にすわる

『草にすわる』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
2003/08 光文社
種類
文学(小説)
目次
草にすわる / 砂の城
所要
2時間20分

表題作では心中未遂の果てに、「砂の城」では血族の連鎖の先に、生きることの意味を見出す、のだが、心の動きを書き込まない作風ゆえにか伝わりにくいかも。想像力で補う元気があれば一緒に覚醒できるかもしれない。

白石一文『すぐそばの彼方

『すぐそばの彼方』の表紙画像
評価
★☆☆☆☆
発行
2001/07 角川書店
種類
文学(小説)
目次
すぐそばの彼方
所要
8時間

次期首相を窺う大物政治家を父にもち、秘書として政界に絡まる男の物語。流されるままの主人公は感情移入を拒んでるし、サブストーリーである「愛と事件」もやや消化不良。「永田町」が好きな人は読んでみてもいい。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
草にすわる くさにすわる 2003/08 文学(小説) ★★☆☆☆
すぐそばの彼方 すぐそばのかなた 2001/07 文学(小説) ★☆☆☆☆
僕のなかの壊れていない部分 ぼくのなかのこわれていないぶぶん 2002/08 文学(小説) ★★★★★

これから出る本、最近出た本

白石一文『幻影の星』
2014年09月02日 文春文庫 551円
白石一文『愛なんて嘘』
2014年08月22日 新潮社 1728円
白石一文『翼』
2014年07月25日 鉄筆文庫 648円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント

白石一文の公式ツイート

白石一文 @kaz_shiraishi

小説家

東京 ・ https://t.co/o54XmAn2gT

6,922 ツイート

311 フォロー

8,416 フォロワー

白石一文 @kaz_shiraishi

六十年近く生きてみて、世の中というものがほとんど変化しないという現実に呆れ返っている。恐らく人類は百年単位でえんえんと同じことを繰り返してきたのだろう。要するに「時代」というのはたった一種類で、「歴史」は存在しないのだ。一体いつ、人類は飛躍するのか? 多分しないんだろうな。

2017-09-19 23:18

ReplyRTFav

りょうこ @ryoko937283

UFOキャッチャーで取れたすみっコぐらしを初めて見たときの とらりん。 pic.twitter.com/5yxQA6OIZw

白石一文さんがリツイート

photo

2017-09-18 20:47

ReplyRTFav

白石一文 @kaz_shiraishi

アメリカは降伏直前の日本に日を分けて二発の原爆を落とし、核兵器による大量殺戮を行った唯一の国。北朝鮮が挑発をやめないと躊躇なく核使用を含む先制攻撃に踏み切るだろう。一方の金正恩は全員を道連れにして死にたいと心の奥底で願っているような気がする。となれば戦争は不可避ということか…。

2017-09-15 13:24

ReplyRTFav

白石一文 @kaz_shiraishi

フランス戦もストレート負け。このままだと五戦全敗、すべてストレート負けの可能性もある。日本チームにとってはむしろその方がいいのかもしれない。

2017-09-13 20:48

ReplyRTFav

白石一文 @kaz_shiraishi

国内に多数の原子力発電所を抱えている現状で、近隣諸国の核保有うんぬんをことさらに問題視したところで、実際上の意味はほとんどないと思う。原発にミサイルを打ち込まれれば、すなわち「核攻撃」となる。敵国にとって日本の原発はまぎれもない「核兵器」である。

2017-09-10 12:04

ReplyRTFav

白石一文 @kaz_shiraishi

北朝鮮は別に日本に核ミサイルを撃ち込まなくとも、いたるところにある原発を通常ミサイルで攻撃し、原子炉内の使用済み核燃料プールを破壊すれば、それだけで日本をほぼ壊滅に追い込むことができる。

2017-09-07 23:55

ReplyRTFav