絲山秋子

現代文学100字レビュー

絲山秋子プロフィール&ガイド

絲山秋子(いとやまあきこ)―1966年、東京都出身。小説家。

2003年「イッツ・オンリー・トーク」で第96回文學界新人賞、2004年『袋小路の男』で第30回川端康成文学賞、2005年『海の仙人』で芸術選奨新人賞、2006年「沖で待つ」で第134回芥川賞受賞。

レビュー一覧

絲山秋子『イッツ・オンリー・トーク

『イッツ・オンリー・トーク』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
2004/02 文藝春秋
種類
文学(小説)
目次
イッツ・オンリー・トーク / 第七障害
所要
2時間

勃起不全とか痴漢とかいろんなタイプの男が出てきて、主人公の女性がそれぞれとどんな男女関係を結びうるかという「ムダ話」。その関係性のなかに主人公の個性的な逞しさがあって快く響くが、月並みといえば月並み。

これから出る本、最近出た本

絲山秋子『離陸』
2014年09月11日 文藝春秋 1890円
絲山秋子『末裔』
2014年03月28日 新潮文庫 578円
絲山秋子『忘れられたワルツ』
2013年04月26日 新潮社 1365円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント