金井美恵子

現代文学100字レビュー

金井美恵子プロフィール&ガイド

金井美恵子(かないみえこ)―1947年、群馬県高崎市出身。小説家。

1967年第8回現代詩手帖賞、1979年『プラトン的恋愛』で第7回泉鏡花文学賞、1988年『タマや』で第27回女流文学賞受賞。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

金井美恵子『タマや

『タマや』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1987/11 講談社
種類
文学(小説)
目次
タマや / 賜物 / アマンダ・アンダーソンの写真 (ほか)
所要
2時間50分

猫と男ども。ヘンテコな設定を誰も不思議に思わないゆらゆらした生活が、ゆるゆるした筆致で描かれていく。気持ちいい文章を読んでると何を語ろうとしてるのか分からなくなって、言葉だけを追ってる風。そんな妙味。

金井美恵子『恋愛太平記

『恋愛太平記』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1995/06 集英社
種類
文学(小説)
目次
第一部 三寒四温 / 第二部 歌仙 / 第三部 下巻
所要
8時間

四姉妹の10年、恋愛やその他いろいろ波乱人生を追った大河浪漫、なのだがそれよりも細部への執心ぶりが極端で、どうでもいいことばかりに蹴躓いて先へ進めない。それが味だ技だと理解してもなお息苦しい遠泳みたい。

これから出る本、最近出た本

金井美恵子『砂の粒/孤独な場所で 金井美恵子自選短篇集』
2014年10月11日 講談社文芸文庫 1728円
金井美恵子『お勝手太平記』
2014年09月30日 文藝春秋 2160円
森茉莉/吉行理恵/金井美恵子ほか『猫は神さまの贈り物<小説編>』
2014年04月29日 有楽出版社 1728円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント