伊坂幸太郎

現代文学100字レビュー

伊坂幸太郎プロフィール&ガイド

伊坂幸太郎(いさかこうたろう)―1971年、千葉県松戸市出身。小説家。

2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞、2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞受賞。

レビュー一覧

伊坂幸太郎『グラスホッパー

『グラスホッパー』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
2004/07 角川書店
種類
文学(小説)
目次
グラスホッパー
所要
3時間10分

押し屋、自殺屋、いろんな殺し屋たちの異種格闘技戦みたいになってる。そういう絡みの面白さはあるんだけど、そこまでというか、もう少し広がるのを期待したけど。「鈴木」にもっと「復讐熱」があったら違ったかも。

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー

『アヒルと鴨のコインロッカー』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2003/11 東京創元社 ミステリ・フロンティア
種類
文学(小説)
目次
アヒルと鴨とコインロッカー
所要
3時間50分

広辞苑を奪いに本屋を襲うファンタジックな響きから展開するミステリながら、青春群像だったりもする。二つの時間軸が交差して徐々に全体が見えてくる気持ちよさに身を任せていると、なかなかに驚愕させられる終盤。

これから出る本、最近出た本

伊坂幸太郎『あるキング: 完全版』
2015年04月30日 新潮文庫 1069円
伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』
2015年03月19日 創元推理文庫 842円
伊坂幸太郎/大山誠一郎/伯方雪日ほか『晴れた日は謎を追って がまくら市事件』
2014年12月22日 創元推理文庫 972円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント